変形性膝関節症の治療に筋トレ?

35歳の時に膝が痛くなり整形外科(江戸川区)に通った、レントゲン検査の結果『変形性膝関節症』と診断を受け治療方法は「筋トレ」

筋肉を鍛えないと膝の痛みが消えないので頑張って筋トレをするようにと膝の周りの筋肉のトレーニング方法を教わり筋トレを開始

しかし、よくなっているような気がしないが、やらないと治らないと言われて頑張ってきた

しかし、何年経過してもたくさん歩くと膝が痛くなり日常的にはいつも引っ張られているような膝の周りの緊張がある

痛みが出始めると病院に行くが、やはりアドバイスは筋トレ、痛みがある時は痛み止めと湿布を処方してくれるが痛みが強いと関節注射を勧めてくれるので不安になった

筋トレをするようにと言われすでに10年近く経過している

毎日必死に続けているわけではないが時間があれば頑張っていた

主治医は筋トレとウォーキングを勧めるが最近では左足裏と踵が痛くなってきた

これでは、膝がよくならない気がすると相談に来られた

足の動きを診ると膝を曲げるときに左足の裏を強く踏み足裏を押し広げるような動きをしている、この時膝は内側に小さくねじれこむように沈んでゆく

この動きが、足底腱膜炎腱膜にダメージを与え、膝の周辺の筋肉を傷めているようだ

バランスを整え直すと膝が内側に沈みにくい動きになり膝関節周辺の筋肉の緊張がゆるみ膝が楽になった

筋トレをしなくてもバランスを整えれば簡単に立てるようになり膝周辺の緊張が緩和される

長年筋トレを行ってきても取れなかった筋肉の緊張から解放された

こんなに効果があるのになぜみんな筋トレのみを常識であるがごとく指導するのだろうか?

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村<<==== 1クリックお願いします