なぜタオルギャザーなのだろうか?

数ヶ月前から足の外(横)側とその裏に違和感があったが、次第に痛みが出るようになった

少し走ると痛みが出始めてその痛みのせいで思うように走れない

病院では、『足底腱膜炎』と診断され、安静にしておくのが一番で痛みがあるときには使わないでくださいと言われた、使わないでくれと言われても・・・・

リハビリの先生方からは『タオルギャザー』をトレーニングとしての指導を受け1ヶ月以上も継続しているが変化がなく次第に痛みが強くなってくるような気がすると相談に来られた

痛い個所を確認すると足の第五中足骨周辺とその足裏辺りが一番痛くなるそうだ

足裏の第五中足骨周辺が痛くなるので「足底」と言われても大きくとらえると間違いではないようだが、ここが痛くても「タオルギャザー」なのだろうか?

どうも、『足底腱膜炎』=『タオルギャザー』の方程式があるかのように、なんの疑いもなく「タオルギャザー」でいいのだろうか?

おなじ足裏の痛みでも違う改善方法があってもよさそうなものだが、違う方法はあまり聞いたことがない

それは別として、まずは足の動きを診ると過回内(オーバープロネーション)の動きが足のバランスをくずして足首を内側に沈めて痛みのある当たりの筋肉を緊張させているようであった

このバランス改善して、外を走ってもらったところ足裏の痛みは出なくなった

「タオルギャザー」は、しないよりしたほうが良いのだろうが、この方の場合の症状(足底腱膜炎)には、効果がないようでバランスを整えるだけで痛みが出なくなった

タオルギャザーだけではなくバランスを整える方法で足の痛みがなくなりました