足は微妙な変化に対応します

インソールの微調整はどうするのですかと質問に来られた

こればかりは話をして説明をと言っても説明のしようがないので、今日は午前中の時間をついやして実際にいろいろ体験してもらった

靴の中に小さな石(米粒大)を入れ見ると足裏が違和感を感じる

緩い靴を履くと足の圧迫がなくて快適なようだが歩くと靴の中で足が滑って疲れる

幾つかの既成のインソール(サンプル)を靴に入れてはいてもらうと快適ではあるが安定感がないなどの様々な体験をしてもらった

どれも履き心地が違い特に既成のインソールではあまり違いが解らないようだった

既成のインソールに書いてある「XXX用」と多種にわたってあるがどれもその違いが解らない

そこで、今度はオーダーメイドのインソールをフィッティングなしで使ってもらったところ、履き心地は悪くないが安定感としては少し不安がある

そのインソールの調整を実際に行うと、ぴったりとフィットした感覚が出た

インソールの微調整は米粒大の小石でも感じ分けることができる足の繊細なセンサーが快適と安定感を感じ取れるように微調整します

このための必要な工程は該当箇所の調整をほんの0.1~0.3ミリの軽い触れるような調整で実現します

足は敏感ですので調整には十分な熟練が必要です

グラインダーに触れるような感触で軽くグラインダーに当て、微調整をする動画を下記に紹介します