シューフィッターによる誤った靴選び

最高レベルのシューフィッターは何がどう違うのか分からないがシューフィッターの中でもより専門的な知識を持つ資格所有者の事を言うのであろうが、その優秀なシューフィッターの指導の下に購入した靴で足首と踵が痛いと言われる

「あなたの足にはこのサイズの靴が最適ですって・・・」

どう見ても足が靴に比べて随分小さいように見える

実際に当店にあるゲージで足を測定するとなんと足は21cmで履いてこられた靴は23cm

えぇ信じられない、これってそのシューフィッターが選んでくれた靴ですか・・・・

「分かりました、いろいろ経過があったのでしょうが、一旦これまでの事は全部忘れてください。これまでの事をいくら話をしても考えても何も変わりませんので、まずは、これからどうするかを説明します」

こんな話からお悩みの足首の痛みと踵の痛み(足底腱膜炎、踵骨棘)の対策を講じた

・足首の痛みは、大きすぎる靴の中で足が前に滑っているようで、靴のベロで圧迫されて歩くだけで痛くなる

・足底腱膜炎は体重が乗った時の足首の動くを整えなおし体重の圧迫を替えた

・踵骨棘は踵の動きを少し調整して骨棘の先が皮下組織に刺さらないような動きに変えた

この足の動きを崩れないように優しく受け止めるインソールの底を作成して使っていただいたところ、歩行時の足首と踵の痛みが出なくなった

歩き易くなったのか、腰と背中が伸びて姿勢が見違えるように良くなった

良かったですね

痛みが出なくなって

それにしても、シューフィッターの説明には問題があるが、これは当方ではどうしようのない事なのでまずは、いったん忘れることにしましょう

「資格や肩書」なんてものはあまり役には立たないようだ、担当者の正しい知識と人間性がその資格に勝ることを勉強しました

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村<<==== 1クリックお願いします