踵骨棘 診断書が写真と届く

半年経過しても踵が痛くて良くならない

何とか我慢して歩けるが長時間は無理

最近は腰を掛けて脚組もうとすると上にあげたほうの足の踵が引っ張られるせいか痛みが出る

電気治療でもマッサージでもあまり効果がなく靴には柔らかいインソールを入れて「がつん」とくる痛みを和らげている

しかし、それにしてもいつまで続くのか終わりのない痛みとの戦いは辛いと言われて診断書と写真をもって来店された

主治医のアドバイスでは、いいインソールに出会える事ができれば、痛みが大幅に軽減して改善のスピードが上がるので試してみますかねぇ ・・・・ と言われて相談に来られた

足の状態は伺った状態よりは悪かったが、悪かったのはバランスだけだったようです

整えると足下が安定してきて痛みも少し軽くなった

問題は楔状骨にある筋肉が固く本来の機能が上手く利用できなくなっていた

固くなった筋肉の柔軟性を高め足の関節可動域を確保することで立ち易くなったようだ

歩いてみるとこれまで出ていた痛みの多くがなくなり「骨棘」の先が当たる辺りの痛みが残ったようだ

これをインソールで踵の動きを調整することで歩きやすくなった

しばらくはこれで毎日歩いていただき、ストレッチを続けていただくことで改善のスピードを上げることができそうです

骨棘はすぐには消えてなくなりませんが、痛み無く歩けるようになると自然に生活しているうちに骨棘がなくなります

もうしばらくの辛抱です

ストレッチ頑張ってください

補足:レントゲンでは2次元写真にために、棘骨の方向や角度が分かりません。インソールは歩行時、起立時の踵のかかる力の方向を探りながら痛みの出る踵の動きを見つけ、痛みの出にくい動きになるように踵の動きを変える