靴の紐の調整で快適に

多くのお子さんの足の悩みは、すぐに靴が小さいと言う

靴屋さんで足を見てもらいサイズに合った靴を履いてみるが少し歩くと小さいと言うという話をよく聞く

子供用の靴には本人にピッタリ合った靴を見つけるのが難しい様だ

足の長さ(踵からつま先の長さ)があっていても幅が大きい靴であれば靴の中で足が滑ることが多いようなのだが、この靴の幅を調整すると歩きやすく躓きにくくなるようです

是非、お子様の靴のサイズを確認して幅の調整をしてあげてください

靴の紐がゴムの場合はゴムの先端を靴に貼り付けるあるいは縫い付けてある近くを調整してゴムを絞ることで靴の幅が狭くなってゆくので適当な強さにゴムを引き糸などで止めてあげてください

ゴムは靴に縫い付けるか、ゴムを縫って短くするか工夫は靴と状況によって考えてください

靴のゆるみがなくなると歩き方も良くなり軽快な足運びができるようになります

是非、お休みの時にでもお子様の靴をチェックしてあげてください