理解不能なインソール

様々な考え・・・残念だが。これは理解できない

国立の大学病院の整形外科の先生が独立して、足専門外来のある整形外科を開院して地元では有名だそうだ

その病院に足の痛みの相談に行ったところ、腰の動きが悪くそれが影響して足が痛くなると説明を受けてインソールを作る事になった

そしてそのインソールを使い始めたが、今度は膝の内側まで痛くなった

何度相談に行っても明快な説明がない
インソールは自分の足の型どりをして作成しているので、自分の足と同じですから問題は無いが筋力不足かも知れないと言われる

納得がゆかなくて、相談に来られた

良く見るとなんとも理解に苦しむ作りになっていた
どんなインソールであっても良いが患者さんの足の状態を悪くするインソールは許せない

しかも、これを医療サービスとして医療保険を使いながら次第に状態が悪くなるサービスは止めてもらいた

「足の型どりをして作った」と言われるが、本当にそうなんだろうか・・・・全く理解できな

極めて不思議なのは、小趾側が厚く母趾側が薄いインソールにする根拠が解らない
これでは前足部が内側に捻れ沈むような動きをさせらてしまう
しかし、この患者さんにはその様な機能は全く不要であると考えられる足の動きをしている

このインソールが、母趾を外に押し出す様に動かされ2趾が浮いてしまっている

インソールの表面を見るだけで理解できるはずだが・・・・

これでは、患者が不憫であろう