まずはじめに

御心得帖

2012年3月3日 心得帖 初版
アスケル東京 お客様サービス
追加記述ご希望の方はご意見をメールにてお聞かせくださいお知らせ下さい


目録

足のバランスを知ろう

足のバランスの状態を知りたい方は、フットセラピーだけでも大丈夫ですので気軽に来店下さい。

自分の足に掛かる体重のバランス状態、アーチの状態、足の状態を知っておく事は大切です。足のバランスが崩れている事を知っているのと知らないのとは、下肢や腰に不具合が発生した場合に対処方法が解りやすく、間違った治療の選択を避けることが出来ます。

「インソールの作製」は、お客様のご希望が有った時にのみ作製しますので、ご希望際にはその旨申しつけ下さい。製作から製作後のフィッティング(微調整)までおおよそ25分です。

フットセラピーは足首の柔軟性が増す

フットセラピーという用語は、2004年頃にはまだ使われて居なかった言葉ですが、短い言葉で足の状態を良くする施術として当方で2004年から「フットセラピー」という言葉を使い始めました。

その内容は、最近の足裏マッサージや足趾のケアーなどとは異なり、足関節、特に足首関節の硬くなって居る動きを改善して、関節周辺の硬直しかけている筋肉のストレスを軽くして足関節に掛かる体重の重心移動をスムーズにする物です。

これにより足首関節の動きがよりスムーズになり歩き易く、立ちやすくなります。

インソールは足のバランス矯正ツール

インソールは1993年の足に関する国際学会で足の矯正ツール(具)としての機能が論じられて以来、より効果の有る物へと進化しました。つまり、単なる靴のスペースを埋めるための靴の中敷きの要素から足に乗る体重の重心バランスの矯正を目的にする物へ変わり始めました。

1939年のモートン博士の発表以来足の骨格に依存する動きを矯正する効果のあるインソールの研究が急速に進んだと言われています。

それ以来、矯正具としての地位を有し多くの利用者の皆様の足の機能改善、足元からの健康改善に利用されて来ました。

既成のインソールもその製造基準に合致した足の形状、サイズの方には効果があるようですが、その基準と少しでも異なるとサポートされるポイントがずれるために、期待効果が得られません。

インソールは矯正ツールですので利用される人の足に機能を改善するために必要な形状になるインソールが必要です。

最低限1種類のストレッチが必要

矯正ツールといわれるインソールですが、インソールを使って歩いているだけでは改善が急速に進むわけではありません。多くの人は、薬や注射で簡単に治る事を期待して、病院を渡り歩くようですが、インソールを使っての矯正といえども履いて歩くだけで改善されるのを待つのではなく、自らも簡単なストレッチを行い筋肉の疲れを軽減してやる努力をしなければ成りません。

筋肉も使い放しは良くありません。足の状態を改善する為に必要なストレッチの指導を受けたら可能な限り毎日行う事が、短期間での改善が実現します。

毎日数分のストレッチで快適な生活を得て下さい。

希望の日時を予約(重要)

来店希望の場合は、ご希望の日時を電話で予約して下さい。

電話予約受付時間は営業日 10:00~18:00  来店者混雑の場合電話に出れない事があります。
(その場合は、誠にお手数をお掛けしますが改めて電話下さい)

初回の予約時に必要な情報としては下記を参考にして下さい

電車での来店か、車での来店をお知らせ下さい
・お住まいの地域(都内、関東圏、沖縄・九州・北海道など関東圏外)をお知らせ下さい
(確保する予約の時間を考慮します。つまり来店中に出来るだけ沢山の改善が出来る様な時間を用意します)
・お悩みの状態を簡単にお知らせ下さい
・紹介者が有る場合その方のお名前をお知らせ下さい
・病院からの紹介の場合は、ドクター名か病院名をお知らせ下さい


履き慣れた靴を1~2足持参

来店されてもインソール作製希望が無い場合はインソールは作製しません。

しかし、フットセラピーの後に「インソール希望」と成った場合を考えると、作製したインソールを入れて使う靴がないと最終的なフィッティングが出来ないために再度フィッティングのために来店頂くようになります。

そのような、無駄な往復を避けるためにお手数とは思いますが靴を持参下さい。
当方で提供するインソールは、「同じサイズで類似形状の靴」であればインソールを入れ替えて使えます。

サービスの概要の事前理解


悩みをを整理

初回来店時に、お悩みを伺いそれらを可能な限り改善出来る様に勤めます。

んな細かな事でもかまいませんので気になる事心配なことが有りましたらお聞かせください。
腰が痛い、膝が痛い、背中が痛いなどなど何でもかまいません。

膝、腰、背中の痛みの多くは足のバランスの崩れが原因の場合が多いので、足元が変わると良くなることが多い様ですので安心してお聞かせください。

安心してお話しください

いろいろ心配されての来店で気が重いケースも見受けられますが、「病院で検査を受けても異常なしといわれ痛み止めをもらっているが効かない」などの悩みがとても多い様です。

しかし、病院で異常が無いと診断を受けたことは、自信を持って「異常が無いという事は改善出来る」という事だと思って気持ちを楽にしてお話しください。

「今となっては、笑い話さ!」といえるように頑張りましょう。

レントゲンやMRIで異常が無い場合の殆どが、バランスの崩れとそれによって引き起こされる偏った筋肉の使い方と、身体の捻れの様です。

全体重を載せて身体を支える足元(身体の土台)が来るっている事から様々な身体の部位に小さな歪みを生じさせそれが痛みや、不快感を作ってきます。

このバランスを足元から改善することで次第に良くなって行きます

「異常が無いが痛いと言うことは、改善出来る」と思って安心してお話しください。

足関節の可動域の確保は数分

足関節の可動域の確保は痛くありませんが、硬く縮んでしまっている大切な脚の筋肉のストレッチは初めの1分程度は少し強い筋肉への圧迫痛を感じる事がありますが、すぐに楽になります。

まずは、脚の機能を正常にしてくれる筋肉をストレッチで柔軟性を取り戻します。
このことで殆どの方が、左右の骨盤のずれが矯正されます。

また、インソールを使ってバランス良く脚の筋肉が使える様になると、筋肉の柔軟性が高まり同様の痛みが再発する事は殆ど有りませんので安心して戴けます。

痛みが無くなっても治ってはいない

フットセラピーをしてインソールでバランス良く立てるようになると痛みが消える事が多いのですが、これは痛みが出る状態にならないような脚の動きに変わっているだけで、炎症が起きている場合は、炎症はすぐに治まる物ではありません。

炎症が治まるまでには必要な時間は、病院から安静にしておくようにいわれた期間と同じ程度の期間は必要ですが、その期間に歩く事で短縮することも可能の様です。

多くのアスリートがインソールを使うと痛みが無いのでと翌日からマラソンを始めていますが、治っているわけでは有りません。痛みが出たら、迷わず来店下さい。

脚のキーとなる筋肉を解してゆくと回復が早まります。

痛みが出たら思い出そう

多くの方が、恒常的に有った痛みや重懈い痛みが軽くなると、先ほどまでの痛みを忘れてすぐに走ってみたり遠出をして沢山歩いたりされるようです。

それのよってまた痛みが出ることがありますが、その場合は初回の来店前の状態と比べてみて下さい

・今までより痛みが出るまでに時間が長く掛かる様になった
・今までと痛みの強さが軽くなったt
・痛みが出ても回復が早くなった

等が感じられると、これは改善されて来ていることを表しているので心配をしないで、来店下さい。
大切な筋肉のストレッチをするともっと効果的に改善出来います。

但し、インソールを使い始めて発生する筋肉痛などはこれまで使えなかった筋肉が自然に使える様に

脚は正直

脚の動きは通常の場合、人の意識でその動きを変えることは難しく足首関節の動きに正直に反応します。つまり、膝が内側に捻れ易い人の場合、意識で膝を外に曲げるようにしても中注力が切れたり、他の考え事をしていると脚は、足首関節の動きに100%従順に反応して動きます。

その動きがインソールに伝わりインソールの表面がずれたり剥げたりして足に掛かる良くない力を減少させます。これはインソールが悪いのではなく、それによって足に掛かる負荷をインソールが軽減させています。

インソールの表面や底面の変化で足の状態が解ります。

インソールは常に足の状態に合わせて適正なコンディションに整えることが重要です。

微調整は必要に応じて

足の状態は次第に変化して行きます。これは使われる筋肉が変わってくると足に掛かる体重のバランスが変わり、そのことから足の動きも変わります。再来店の際は、足の状態、気に成ったことや変化を教えてください。その内容に応じてインソールの微調整をします。

筋肉痛は改善の証

インソールでバランス良く足に体重が乗る様になると自然に使う筋肉が変わります。そのためこれまで使えなかった筋肉が自然に使える様になりその疲労感が筋肉痛として表れます。個人差がありますが多くの方が筋肉痛を経験しています。

筋肉痛の現れるところはそれぞれ異なりますが、足のアーチ辺り、ふくらはぎ、太もも後ろ、太もも前の膝の上辺り、仙骨・仙腸関節周辺、腰周辺、背中から肩胛骨奥に掛けて、肩・首下辺りと様々でしかも筋肉痛の発生する部位が発生する時間がずれるために痛みが移動しているように感じられるケースも有ります。

これらは通常数日で消えて行きこれまでより身体が動きやすくなった感じがします。この時点で足元から上半身までの骨格のポジションが少しずつ改善され始めているようです

筋肉痛は改善が始まっている証です