正しい歩き方の基本

正しい歩き方の基本

外反母趾の指の付け根が痛い、薬趾を踏みやすい、足裏にタコが出来る等々

みんな足の機能不全です

足裏にタコが出来ると削ればよいと思っていたら、最近はタコの奥や周辺が痛くなってきた。病院では異常なしと言われ、施術院などでは腰が悪いので足が上手く使えないと言われ、フットケアーに行くと頻繁に来ればタコは綺麗になりますと言われる。

その言葉を信じて通ってみたが、タコの表面を削ったりマッサージをしてくれるが痛みは無くならない。タコは綺麗になるがまたタコが出来てくる。こんな事で、1ヶ月に2回もタコを削りに行っているが良く成らない。

施術院に通施術を受けるが、毎日来た方がよいといわれても、毎日は行けないし、費用も馬鹿にならない.それよりもう、3週間通っているが一向に改善の兆しが見えず。足の痛みは無くならない。

こんな悩みを良く聞きますが、タコは足のバランスが崩れ偏って体重が掛かることからおきるもので、削ってもタコの出来る原因は良く成っていませんので、またタコが出来ます。

外反母趾、足裏にタコが出来る足の動きを調べてみると下にあるような動きが問題になることが解ります。前半は足のバランス調整後で、後半は調整前の状態です。

この足の動きは、外反母趾だけではなく膝関節股関節関節周辺の筋肉にダメージを与える事が多く次第に状態が悪くなってくるようで、長い時間を掛けて少しずつ悪くしています。

病院では痛い箇所だけを診てくれるが、動くところは分析しないので、足に目が向くことはない様です。

ここに大きな原因があります。

足のバランスを先ず整えて少しずつ体全体のバランスを良くする体験して下さい。

外反母趾と足の運び研究会研究ビデオ

(研究会の研究資料集よりの抜粋)