くるぶし内側と後脛骨筋炎

内くるぶしの下側とアキレス腱にかけての痛み

通常、診断をされると「後脛骨筋腱炎」と呼ばれるくるぶし下近くからアキレス腱周辺までの痛み

この写真でも解るように多くの治療ではテーピングをして足首の関節が動かないように固定をするようだ

しかし、これではなかなか良くならない

痛みの出る原因は、白い矢印のように体重が足に乗ると踵周辺から足裏爪先までが捻れる様に動くがこの時見落としてはいけないことは、足の骨格形状がモートン足のタイプなので第一中足が動きすぎて足首の安定を失いやすい

この動きをバランス良く体重を受け取れるように整える事で第一中足骨の動きが良くなる

この動きを整えて踵の内側に押すように捻れる動きを止める踵コントロールが出来れは改善が早まる

原因は、過回内とモートン足のバランスを崩した動きでであると言える

ここを改善すれば早期改善が実現する