くるぶしと踵の痛み

15分くらい歩くと「くるぶし」が痛くなり次第に踵が痛くなる

足の専門外来で診てもらうとレントゲンを撮ったりいろいろ検査を受けたが結局、「特に異常無し」との診断結果

アーチが高いのが原因かも知れないが、特定は難しい

余り無理しないで痛みが出たら休んで下さいと言われた

インソールで改善したいとお願いしてインソールを作ってもらったが、土踏まずの踵側が痛くて靴に入れて使うのが辛い

そんな、悩みで来店

足の動きを診る上記の写真の様に膝を曲げると足首が内側に倒れて行く

この動きが踵とくるぶしに大きく負荷をかけているようでこれが原因と思えた

足を整え直して足の動きを改善すると歩き易くなって痛みが出なくなった

なかなか小さな動きで見過ごし易いが、上記ビデオの前半と後半で踵の動きが変わりました

前半の動きが多くなると踵の下側にあるはずの脂肪に体重によるずらすような動きから脂肪褥が出来やすくなると言われている

この動きが、ビデオ後半のように変わると脂肪褥が出来やすい動きがとまり踵が楽になる

この様に動きの変わった良いバランスの足の型を採ってインソールを作ると足のバランスの良い状態に維持できるように成るので改善が進む