シェアする

なぜ、足底腱膜炎を腰から治す?

こんなことがあっていいのだろうか?

驚きのリハビリ指導に驚愕

踵がじんじん痛くて整形外科に行くとレントゲンなどの検査の後、医者からは「きれいな足をしています、問題はないですが軽度の足底腱膜炎です、安静にしておくといいです」といわれた

リハビリの先生(理学療法士)からは、踵の痛みはこの辺りの腰の周辺の筋肉と股関節の動きが悪いのが問題ですのでこの辺りをリハビリトレーニングをするといいですと言われて指導を受けてリハビリを行ったが全く変化がない、このままでは2週間後の旅行に行けないと悩み、近くの大きい病院で診てもらったところここでも「軽度の足底腱膜炎」と診断をされ安静にするように言われた

いろいろ悩んだ末に相談に来られた

お話を伺い足を診せていただいたところ、気になるところはいささか高いアーチで、体重が乗ると左足だけ沈み前足部を外に押し出す動きをしていた

この動きを整えればよくなりそうに思えた

状態を説明してまずはバランスを整えることにしたところ、踵周辺とアキレス腱周辺の緊張が取れ踵の痛みが消えた

素足でフローリングに立っても痛みがなくなった

もちろん歩くと床に踵が着くときにまだ痛みが出るようであった

正しく立てれば痛みが出ないのでこの足をサポートするインソールを作成して靴に入れたら歩いても痛みが出なくなった

何度も、何度も店内を歩いて確認されていました

よかったです、治りそうですね

それにしても、なぜ腰だったんだろうなぁ

「アーチが高いと細かなトラブルの原因を見ず越してしまうのだろうか・・・・不思議だ!」

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村<<==== 1クリックお願いします