シェアする

扁平足いろいろ 効果的改善方法あります

扁平足に関する評価対応は様々のようだがほとんどが、「扁平足です」で片付いてしまう

治療院でも扁平足への取り組みはあまり効果を上げているところがないと聞くが、「タオルギャザー」「足じゃんけん」で扁平足が改善したという人に未だ出会ったことがない

しかし、当方に相談に来店される方の多くは病院でも、治療院でも「タオルギャザー」の指導を受けるが何年経過しても良くならないと言われる

1.成長に伴ってよくなりますと言われたが・・・・

保育園に入るころぁらお子さんの扁平足が気になっていたが「成長とともに良くなると思います」と言われたが、5年経過しても変化が起きず、お子さんは、運動が苦手で階段を下りくことも手すりがなければ不安の様で室内で遊ぶことが多くなった

お悩みの原因を探るべく、お子さんの足のバランスを確認

小学生で片足立ちができず体中に「力」が入るためか疲れが激しいようだ

「足のバランスを整えると姿勢も変わり何とか片足で立てるようになった」

これで、バランスよく足の筋肉が使えるようになり改善が進むと思われる

2.レントゲンを撮って骨が扁平足と言われた

お子さんを連れて病院に行き医師からの診断や改善指導を受ける場合付き添いの家族は時都市聞き違いをすることがあるように思えるが、わからないときは医師に聞き返すことが必要であろう

スポーツ推薦で進学したお子さんの足首の痛みで病院に行くと「扁平足」と言われ、レントゲンを撮ると骨が扁平足なので痛みがあるときは安静にしているように言われた

これではせっかく入学できた学校もいずらくなると近くの治療院で相談すると、テーピングで足首を巻き、靴にはアーチ用の枕のようなものを使わせるがこれでは走れない

これで治るというが、効果が感じられないと相談に来られた

足の関節の可動域を改善して足の動きをサポートする筋肉の柔軟性を確保すると足の動きが変わり、足元から体の動きが変わり安定感が増し改善が始まった

「骨が扁平足とはどのような状態なのか想像ができない」

3.扁平足が強く手術するしかありません

しばらく立っていると足全体が痛くなり歩くことも辛くなるが病院では「扁平足ですが、扁平が強く治すには手術しかありません」と言われて相談に来られた

アメリカ在住の方が夏休みを利用して来店されたが、確かに扁平足は強いが足の動きはまだまだスムーズなのでバランスを整えると立ち姿勢が変わるまでに変わった

立ち方が変わると足下から腰の周辺まで負担のかかる筋肉が変わるために歩き始めるとふくらはぎの外側、お尻の奥のほうの筋肉が疲れてくるが、ちょっと我慢すると快適に歩けるようになった

「歩くのに力を入れなくて歩けるなんてすごい」と感想を頂きました

足の状態は、同じ扁平足という文字で表現してもその内容なそれぞれ異なります

効果的な改善をお考えの方ぜひ、ご相談にお寄りください