まずはインソールに頼らずに改善

今治市民病院の先生の講演を聞き勇気をもって相談に来ましたと言われる方

昨年11月に急に左ひざの関節の内側辺りが痛くなって左足に体重をかけることができなくなって近くの整形外科に通ったが良くならず、最寄駅から7駅離れたところにある有名な整形外科に行ったところ、手術しかないがとりあえず関節にヒアルロン酸注射をしてみようと言われ1週間に2回通い注射を受けていたが、ほとんど変化がなかった

この病院は関東地区でも有名な病院でたくさんの患者が来ているそうで注射を受けるために待ち時間2時間であっという間に注射が終わり帰ってくるが一日仕事になる

半年近く通ったが良くならず、担当医は「手術」を勧めるのでこの歳で手術をして立てなくなったら怖いと思い膝にサポーターを巻き外出は自転車であまり膝に負担を掛けないように過ごしていた

講演を聞いて、「あきらめない、つづける」という言葉に勇気を得て来店されたそうだ

実際に足のバランスを確認しようとしたが、うまく立てずまずは動かなくなっている筋肉に元気になってもらい足関節の可動域も確保したら膝の痛みが軽減して歩きやすくなった

しばらくはこれで少しずつ改善をしたいと言われ、足のバランス調整だけでしばらく続けることになった

それから、3日後に来店(近くで良かった・・・・・と言いながらの来店)

『翌日までとても調子が良かったがまた痛みが出てきた』

しかし、これまでの痛さと違ういたみのようで、もう一度バランスを整えなおすと楽になった

足もとの変化によって新たに発生した筋肉の使い方からくる筋肉痛の痛みが増えているようだが、これは時間とともに良く成って行く

今までの痛みは、足のバランスを整えると軽くなり膝を曲げやすくなった(ほんの少しだが・・・)

痛みの変化から人工関節にするほど関節にダメージがるように見えないが医者は手術を勧めるのでもう少し足を整えてみたいと言われる

改めてインソールの効果を説明した

なかなかインソールの効果を理解してもらうには世間の余るほどの情報で翻弄されているようで今一つ伝わらないようだった

そもそも最初の整形外科ではインソールの効果を認めておらずインソールは勧めないようで、現在のところは手術しか選択肢残っていない中での判断はむずかしいようだ

そんな背景で、ご本人がインソールを使ってみようと思われるまではこちらからはお勧めしないことにして、ご希望に応じて足を整えなおすことにした