「小趾に力を入れる」は効果的ではない

短距離でのスタート(クラウチングスタート)の際に膝が内側に入る

これが原因で足を痛めやすい、力が十分に出せない

そんな悩みで相談に来られた

足の動きを診ると踵、足首関節が内側に沈む動きをする

競技の指導者は「小趾を意識して小趾に力を入れれば膝が中に入らなくなる」と指導するそうだが、それは何かの勘違いから始まるアドバイスなのかもしれないが、正しくないと思う

やはり母趾球で体を支えながらしっかり踏み込めば膝は中に入らない

大切なことは、母趾球に正しく体重が乗りふらふらしない動きに整えれば自然に母趾球が使えるようになります

これで、スタートの第一歩が力強く踏み切れるようになります

小趾を意識して膝の内旋を防いでいては踏み込みの時に小さく体重のバランスを母趾球側に移さねばならず余計な動きのためにタイミングを逃しスピードと力を落ちます

ランニングの指導者にももっと足につぃて正しい知識が必要だと思う

実際に整えた足でつま先に体重を移しても膝は内側に入りません