無責任なアドバイスにご注意

インソールは沢山の種類が有るとしても利用者の足の状態を確認したうえで、不具合を調整できるものを提供しなければならないと思う

先日足の裏の外側と内踝(うちくるぶし)下側が痛くなったと相談に来られた方の足は過回内の動きをする足で、その人に提供したのは足に詳しい整骨院が、外側楔型のインソールでした

これにより足のバランスは余計に狂い痛みが増して歩くのも辛く、車で家族の方に連れてきてもらった状態だった

足取りは不安定で一歩一歩痛みが起きないように探るように足を運んでいる

整骨院に通って脚をもんだもらっているがその時は楽になるが翌日にはまた痛みがです

もんでもらった時は治りそうと感じるがなぜかすぐに戻ると言われる

足の狂いを治してそれをサポートするタイプのインソールが必要と思える状態であった

インソールであればよいという考えは間違っているように思うが、少なくても利用者の足の機能をよく見たうえで最適なものを提供してほしいと思う

なぜこの足に外側が厚めのインソール(外側くさび型)を勧めるのかわからない

インソールに関しては様々な情報があるが・・・・・

安易にインソールを勧める事は良くないと思います