靴選びは大変

どの靴を履いても足が痛い、小趾横が痛くて皮膚科に行くと「ここではだめなので足の診療所へ行ってごらん」とやんわりと治療をすることを暗に断るような話し方をされて悩んだ

近くの整形外科ではどうにもならず、病院からは足に合った靴を探せと言われて何とも方法が呑み込めない

何軒も靴屋さんをまわって靴探しをしたが、自分に合う靴がない

靴の専門店に行き相談すると足を測って専門員(おそらくシューフィッター)が靴などアドバイスをしてくれてその中で一番良いとおすすめの靴を購入

しかしその靴を履いてしばらく歩くと両足の小趾が痛くて歩けなくなる

なんとかしたいと思って整骨院に通い始めたが、姿勢を直さないとその影響で足が痛くなるとテーピングとマッサージに通ったが改善の兆しすらない

そんなことで、相談に来られて足を整えなおしたところこれまでより歩きやすくなった

だけど、歩くと足の小趾が痛くてどうにもならなくなる

再度足と靴をチェックしたところシューフィッターが勧めてくれた靴の中敷き(メーカーの作り付け)を見るとどう考えても小趾が踏み込むと外に開きやすい形をしている

なんとか、お近くの靴屋さんにある靴を可能な限り試し履きをさせてもらって足にあったものを見つけてくださいとお願いした

そして今日

歩けるようになりましたと。明るい笑顔でお越しになりました

この靴です

靴屋さんで10足ほどの靴を出してもらい全部一通り履いて中から3足を選びだして、そん3足を純に履いてしばらくお店の中を歩いて1っ足を選んだんですが、これが一番履きやすかったですと言われる

靴選びは大変です

と言われる口元にほころびが現れていた

痛みが出なく歩けるようになるとこんなに快適なんですね

今回の失敗は大変勉強になりました

シューフィッターに相談するときにも、どうしたら足のどの辺が痛くなるということを正しく伝えて自分の足に合う靴を選んでもらうことが大切で、痛みの出るところやそのタイミングを説明していない事が問題を引き起こす原因になったのだろ

単純に足を測っただけでその足に合う靴を選らぶのは難しいことだ