シェアする

オーダーメイドの靴への期待過剰

登山が趣味だが足裏が痛くなり足裏全体がいつもジンジンした痛みがある

既成の登山靴にインソールを入れてるがそれでも痛い

山登りを続けるために思い切って自分の足の型を採って特注靴(オーダーメイドシューズ)を作るといいと思ってオーダーメイドの登山靴を作った

ところが実際にそれを履いて歩くと足の甲の第一中足骨辺りが痛くなる

製作技術者に相談すると靴を広げて調整をしてくれたがやはり痛い

なんとかならないかと相談に来られた

最近増えてきた相談であるが、『オーダーメイドの靴を作ったが足が痛くて履けないがこれはなんとかなるものか?』

素足で歩いても痛くはないが、靴を履いて歩くと痛い

足を測ってぴったりの靴を作ったがこれで歩くと趾の間が痛くなる

足の大きさを少し考慮してもらい幅に靴下一枚の余裕を持って作ってもらったが痛くて履けない

などなどいろいろな悩みがあり、高価な靴を作って履けなければその落胆は計り知れない

しかし、足を整え直してみるとほとんどの方が痛みなく履けるようになる

足の狂いを直さないままで採寸して足のコピーを採って作る靴には過剰な期待がかけらるようだが、足は歩きはじめると靴の中で立った時と異なった動きをする

この動きをより安定した動きに整え直すと快適な靴の履き心地に変わる

狂った足の状態に合わせて靴を作ると足大きさには問題ないだろうが靴の中での足の動きは狂ったままの動きであり、靴がしっかりしているぶん側面からの圧迫される痛みが出やすいようだ

狂った足の動きを整えないままで作ると期待外れのものが出来てくることは不思議と知られていないようだ

今回の方の場合は、モートンフットの足の動きが考慮されていない靴で、それを履いて歩くと靴の中で起きるモートンフットの動きから足に痛みが出るようであった