シェアする

くるぶしに余分な骨

階段で足を踏み外し、足首を捻挫をして会社の近くの病院へ行った
レントゲンを撮ってみるとくるぶし近くの骨に「余計な骨がついている」と言われ無理をしないようにとのアドバイスを受けるが、湿布と痛み止めの処置だけ。

この余計な骨は取るしかないので痛くなったら取りましょうと・・・・取るって・・・つまり手術して切除するそうですが大丈夫でしょうかと相談に来られた

余計な骨の痛みとは、通常「有痛性外脛骨」と呼ばれているもので、内側縦アーチが開かれるようにして押しつぶされる動きをする時に痛みがでるようだ

いろいろな考えがあるようで、湿布薬を貼り付けて炎症を沈め足を固定する治療が多いそうだが、踵と中足骨の動きのバランス整えると外脛骨が圧迫される動きが大きく軽減される

このバランスを整えることでほとんど、痛みなく歩けるようになるが・・・・こればかりは湿布薬と固定では到底直るには遠い道のりであろう

くるぶし下方に見える小さく赤みを帯び祟りが痛くなる(外脛骨の痛み)

フットケアーのブログコンテストに参加「フットケア」にクリックお願いします

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ