シェアする

ポイントは母指球のようです

足の専門家がいろいろなことを言うが言われるのは一人なんだが、ここが痛いと言うと

・歩き方が悪い、正しく歩かないと体重移動が悪くて痛くなる

・外反母趾の足の動きが痛みを生み出す

・かかとの体重を乗せるとかかとにつながる筋肉が引っ張られて痛くなる

・開張足だから(これは名称で、どうして成るのかは言わない)

・足底腱膜炎です(これは名称で、どうして成るのかは言わない)

・テーピングが良いという

かくも様々なことを言われるが、痛いのはここ

結局どこ行ってもよくならなかったと相談に来られた

足の動きを見ると体重がかかると踏み支える足の母指球がほとんど使われておらず、つま先に沢山の過重負荷がかかり、かかとの動きが狂い始める

踵のバランスを整え周辺筋肉を整えると膝裏から腰までの筋肉まで軽くなりいつもある腰の違和感がすっと抜けるように軽くなった

テーピングも痛み止めも湿布も要りません、毎日1回1分のストレッチを足に!

そうすることで自然に母指球が使えるようになり足もとから首まで変わります