シェアする

テーピングで治らなった足が良くなった

6年間24時間のテーピングで外反母趾の矯正治療を受けていたが、なかなか良くならずテーピングは剥がすことができないために入浴後はドライアーで乾かしている毎日だったが、6年経過しても改善が進まず、近くのカイロプラクターに診てもらったら、「テーピングはダメ」と言われてカイロで治療を2年受けたが次第に足が痛くなって、片足立ちが困難になってきた

そんなことで2013年に相談に来られた

お悩みの足を見せてもらうと趾は浮き足首は過回内する動きをしていた

この足のバランス整えてストレッチを覚えていただき気になるときはいつでもお越し下しとお話した

こんなに趾が浮き上がっている足をテーピングで6年間治せると信じさせるのはひどいと思うが、人にはそれぞれ考えがあるから何とも言えない

これからストレッチを続けていただき2年後には浮き趾も治り歩き易くなり足の痛みはなくなった

それより来店以来テーピングは必要なくなりゆっくり風呂を楽しめるようになった

痛みの出ない生活、テーピングを乾かすこともない生活は快適だそうです

それから、3年経過して来店

「最近踵が靴から脱げやすくなった」と相談に来られて足を拝見

見た感じ少し足のアーチが変ってきているようで、足型を採って確認したところアーチが3ミリ弱持ち上がっている

なんと時間はかかりましたが外反母趾の痛みはなくなり、テーピングも不要になり偏平足の改善ができてきています

いろいろな考え方があるようですが、足のバランス整えることから始めていることをお勧めしたいです

自然にのスピードで治ってゆくのは待ちきれないかもしれませんが、薬の副作用もなく電気にかかりにゆく時間も必要なく厄介なテーピングをして皮膚を傷めることもなく体がもつ力を有効に生かすことは大切だと思います