足のタコは自然に消えてゆきます

足のタコは様々なトラブルを生み出すようです

痛みに耐えられなくて自分で削って雑菌が入り化膿して外科で治療を受けたり

やすりで削りすぎて皮膚がはれ上がり歩くのが不自由になったり

沢山の方がご苦労されているようですが、なぜ足のバランス変えることで改善をしようと考えられないのだろうか?

先日来店された方は「合う靴がない」とお悩みで相談に来られた

足の状態を診ると

1.母趾(親指)が2番目の趾より短い(低い位置にある)

2.少し扁平足気味

3.踵が少し内側に傾いている

4.足裏の2番目と3番目の趾の付け根近くにタコができている

このタイプの足は足のバランスが狂いやすくタコが出来やすい

足を整えると立ち約成り歩く時の姿勢も随分よくなった

整った足の崩れを防ぐようなインソールを作成して使っていただくことにした

履きにくかった靴も快適になり喜んでいただけたが、それから1ヶ月経って来店されたたら体調も良くなりこれまで以上にたくさん歩けるようになったと報告をいただいた

しかし、ご本人としては「タコが消えかけている」ことに驚かれていた

これまで、タコが出来るのは仕方がないと思っていたそうで、タコが出来たら皮膚科に行けばよいと思っていた

しかし、今、気が付くとタコが柔らかくなって消えてゆきそうになっていると感動されていました

魚の目がなくなった・・・・事例紹介をいただきました

参考になると嬉しいですね

タコや魚の目は個人差があるとしても多くの方は無くなっています

FACEBOOKの記事より