あきらめなくて、よかったぁ!

整形外科に行っているがはっきりした原因が分からないけれども『足根管症候群』かもしれないと言われた

そこでは、電気を当てるくらいで特に治療はなくインソールも作った・・・・・

「もうこれは治らないのだ」と思っていたが勇気を振り絞って来店された

特に痛みは足首の前側から横にかけてで疲れてくると歩けなくなるそうだ

このあたりが痛くなると説明を受けたが、足の状態はごく普通

バランスが整えば変わるようにみえる、そこでバランスを整えた

足もとが安定して体がしっかりしてきたようで、姿勢が変わった

足も腰もよくなったが、しばらく歩かないと良くなったかどうかは確信が持てないと言われ、その日はそのまま帰られ翌朝来店された

「昨夜は沢山歩きました、これまでのように痛くないです・・・・・」

良かったと喜んでいただけたが再度、足のバランスを整えなおしてより快適になれるように調整

お帰りの際に

『もう治らないのだと思ってあきらめかけていたが、あきらめなくてよかったぁ・・・・』

と喜んでいただけました

本当に良かったですね、これからはストレッチを続けてください

また、東京に来られることがあったらいつでもお立ち寄りください

思い切って東京まで来たかいがありましたと言われ帰りぎわに「岩城先生の自費出版本」を買って帰られました

沖縄に帰ってもその本の著者の「あきらめないこと」をモットーにして足の改善を続けてください

筋肉痛にご注意

しばらく使えていなかった足の骨の周辺の筋肉が自然に使えるようになるが、個人差はありますが改善を始めて3~4日経過すると関節周辺の筋肉などが疲労から出る痛みを感じるようになることがありますが、自然によくなります

足首の柔軟性:

足首の動きに柔軟性が足りなくなって偏った力がかかり続けると足首の周辺に痛みが出始めると言われています

そのため改善には足首の動きのバランス整えることが必要とされています

バランス良く足首に体重が乗るようになると自然に痛みの出ない足の動きに変わるようです

参考:足根管症候群については下記を参照ください

足根管(そっこんかん)症候群 (日本脊髄外科学会ホームページより)