シェアする

有痛性外脛骨:キーワードはバランス

様々な治療家や医者の治療方法があるものだと驚くことは多いが、その多くは人間の体の持つ治癒力を高めるということを忘れているのではないだろうかと思われる?

足に違和感が生じ、次第に痛みが出るようになった

病院では『有痛性外脛骨』と診断され、治療は2週間のギブスで痛みの出る足の動きを固定、それから1週間の安静にすることで治療を受けたが、結果的には何も変わっていない

接骨院など治療院に通ってもよくならない

医者からは最終的には、手術で外脛骨を取り除くようになると「手術」の説明があった

その前に何とかしたいと相談に来られた

「手術で必ず治るとは考えられないので、手術を決める前になんとか改善できないものだろうか」とお考えで、最後のチャンスに賭けたいと言われる

痛みのああるところは、外脛骨のある所とその周辺

長時間立っていたりするとてきめんに痛くなる

痛みは両足に出て・・・・・とても辛そうだった

足もとのバランス確認すると、痛みをかばうせいなのか、足もとが不安定で安定した片足立ちができない

まずはバランスを整えなおしてみると、安定した片足立ちができるようになり、痛みがあまり出ない動きに変わった

この足であれば、その場でジャンプしても、あの「ズキン!」とする痛みが出ない

この整った足で走ってみるとこれまで痛かった痛みが出ない、走り終わった後の痛みが出ない足の動きになっていることを体験して、驚かれていた

来店までは、痛くて走る事が出来なかった

「走り方を忘れた!」と言いながらも走ってみたが、快適そうだった

1回1分のストレッチを忘れないで続けてください

足はもっと良くなります