シェアする

えっぇぇ・・・そうなりますか?

足の裏の痛みが引かない、いろいろ忙しくて来れなかったが、痛みはまだあり辛い

と言われて来店

良くなりかけたモートンの痛みが軽くなり始めていたが、痛みが次第に強く出てくるようになったそうだ

病院で診てもらうと「モートン病の症状が確認され、医師は手術を勧める」しかも両足を同時に手術をしようとのアドバイスに、ちょっと時間が欲しいと手術を決断できずに来店された

経過を伺い、「ストレッチが出来ていないのでは?」と問いかけると

ストレッチは毎日ちゃんとやっていました』と自信たっぷりに応答

そこで、まず足を整えなおしたところ、来店時の圧迫して神経に負荷をかける痛みが軽くなったようだった

そこでご自身でやっているというストレッチをチェック

『えぇぇぇ、そうじゃなくって、こうです』と再指導

「いったぁ・・・・・こうですか!」

多くの方に良くあることだが、どこでどう間違えたのか、『やっていると思っていることが、正しく出来ていない!』

足をと整えただけでモートンの症状に変化があるということは、ストレッチが出来ていなかったことを表わす

ストレッチで変わることが、改めて体験でしたのでまずは自分の足を信じてストレッチをしばらく続けてください(継続が足を治します)

ストレッチあるある!

・ストレッチは毎日やってます、ジムのトレーナーの指導通り

・ストレッチボードに毎日乗ってストレッチをやっている

・立ってやるのはつま先が動くので、床に座ってやってます、毎日

・リハビリの先生が指導してくれているストレッチは毎日やってます

・テレビでやっていたストレッチの方がやりやすいのでそれを毎日やってます

こんな話が沢山あるが、当方が提案しているストレッチは足裏から腰までつながっている筋肉をゆっくり自然に伸ばしてゆく方法で、かける負荷は自分の体で作れる強さの負荷です

ほかのどんなストレッチを行われても構いませんが、最低でも足を治したければ当方が提案しているストレッチをその通りに続けてください

やっていると思っている事と出来ている事は違うことが多いようです

*来店されたお客様のご期待に応えて本ブログを投稿します ありがとうございました ストレッチ頑張ってください