シェアする

巻き爪の誤解

巻き爪の誤解・・・形状記憶ワイヤーで治せるぅ?

今年に入ってから、「巻き爪専門店」などのフットケアサービスの先生から紹介されて相談に来店される方が増えてきている

『痛くないケア』をセールストークにしておられるところもあるが、どこも爪は奇麗になり痛みが軽減するが巻き爪は治っていない

お客さまの「治せないの?」との質問にお答えして紹介をされるようだが・・・・

多くの方の巻き爪の誤解があるようだ

『爪が巻いてくるので痛くなる、その巻いてくる詰めを両脇からワイヤーで引っ張り曲がるのを防げばよい』(これが正解とは思いにくい)

自然に巻き込んでくる爪の動きの元を改善しなければ変わらないはずだが、多くのセラピストや医師はそこを話さないようだ

驚く治療があったがこれはブログに記してあるので参考していただきたい

「納得しがたい巻き爪の治療」 クリックして参照ください

足が痛くて病院に行ったらまず、巻き爪から治しましょうと巻き爪治療に通うになった

巻き爪が痛くなり立っているだけでも痛く頻繁にフットケアサロンに通っている

など悩みは圧迫される痛み「圧迫痛」だが、靴を買い替えても変わらないが、少しは楽になった気もすると言われる

しかし、足を整えて歩き始めると圧迫痛が次第に楽になり、そして無くなったと感動の報告を頂いた

足の裏も楽になり趾の圧迫痛が無くなった

手術しかないと思っていたが、手術を選択しなくって良かったぁと報告をいただいた

爪はフットケアサロンで整えて奇麗にしてもらったと見せてくださった

足のバランスが変わり母趾球に真上から体重が乗るよいになると巻き爪が変わります

足を整えた後は、足の血行も良くなりフットケアーがより効果的になるそうです(ご本人の体験からの感想)