シェアする

モートン病の判断はなに?

いろいろな判断の方法があるのだろうが、「モートン病の定義」がはっきりしないようだ

つま先や趾の腹(裏側)が痛いというと無理やり『モートン病』にされてしまうのはなぜなんだろう?

足を良く理解していないのか、思い込みなのか
思い込み診断は許されないのではないかなぁ?
なんとも言いようがないが、足のバランスを整えてみると変わるのでこのようなケースはモートン病ではないと思う

こんな場合はどう判断するのだろうか?    モートン病の疑いあり???

つま先立ちをすると足の趾の付けの近くが痛いというと先生からは痛いのはここですねと指を刺されるが、痛いのは足の趾の裏側、腹のほうですと言っても『モートン』だねと言われる

治療は、電気にあたるか最悪は手術と言われる

怖くなって何とか方法はないかと相談すると、腹筋を鍛えて足の周りを強くすると良い言われるが趾先は痺れたまま

鍼灸院に行くと鍼を打ってくっるがそれでは変わらない

整骨院では電気で治療をしてくれるが・・・・治らない

悩んだ末に相談に来られた

まずは、足の状態とバランス確認し狂ったバランスを整えなおしてみた

来店時はフローリングの床に立つと足の趾の裏側が痛く前足部が圧迫されたしびれと痛みが感じられていた

どうも母趾球がうまく使えず体重をつま先で受け取っているようだった

足のバランスを整えなおすと、母趾球が自然に使えるようになり、つま先の圧痛が随分軽くなった

これってモートン病ではないと思われるが、これでもモートンと言って手術を勧めるとしてこの足をどのように手術するのだろうか

不思議だぁ