シェアする

インソールの作り方に疑問

『モートン病で手術をしたが、痛みが引かない』

そんな悩みで相談に来られた

つま先が痛くなって世田谷では有名な足の専門外来に行ったところ、モートン病と診断され、そこでインソールを作成した

インソールは病院指定の専門家(技師装具士)が作成

何度も歩く足の動きを見ながら都度インソールの裏側にパッチワークのごとくパッドを貼ったり剥いだりして調整を行いしばらく続けてインソールの作成を終了してそれを靴に入れて履くことにした

しかしなんとなく足に違和感を感じながらもこれでいいんだぁと思いながら過ごしていたが、いつもつま先が気になる

そんなある日、外出をしている時につま先が突然の激痛に襲われ驚いて病院へ行くと、間髪入れずに『手術』となった

それから、3ヶ月と少しだが、いまだに痛みは消えないと言われる

手術した方をかばっていたせいか反対のつま先裏も痛くなり始めた

痛みを弱めるために医者から処方された「リリカ(神経障害性疼痛用薬)」を毎日服用しているがここのところ胃腸の調子が悪く胃カメラでの検査を受けるようになった

このまま一生、薬を飲んで胃カメラをで検査するような生活を続けてゆかなければならないのだろうかと人生が不安になってきますと言われる

痛みのある所を確認してゆくと足もとのバランスの狂いからくる筋肉の痛みのようにも見えるので足のバランスを整えてみたところあったはずの痛みが無くなった

やはりバランスの崩れからくる筋肉の緊張による痛みの様であった

足が安定したようで歩き易くなったみたいであった

この時点ではまだリリカの効き目が残っていてあまり痛みも強く感じられないようだが明日からはリリカの使用をやめるように試みて頂くことにした

それにしても手術の跡を見ながら・・・・・

最初に作ったインソールが足のバランスを整えてより正しい動きができるようになった足から作ったインソールであればもしかしたら手術をしなくてよかったのではないかと思われる

歩いているところを見ながらインソールの裏にパッドを貼ったり剥いだりして本当に、モートン神経腫を改善できるインソールになるのだろうか?

インソールの作り方は様々でありどれが本当に正しかと言われるとその評価方法が確立されていないようなので何とも言えないが、履いて痛いインソールは作り方が悪いのだろうなぁ

しかし、来店時痛かった足の痛みが大幅に改善されるという事であれば作ったインソールの作り方が悪かったのかもしれないなぁと思える

インソールの作り方の良しあしで手術を受けなければならないのはインソール技師にも責任があるのではないだろうか?

インソールのセカンドオピニオンってのはないだろうが、改善がなかなか進まなくてお悩みの方是非お越しください!