シェアする

みな違った診断をするのはなぜ?

こう暑いと専門家も判断を過つのか?

「暑さのせいではないと思いたいがここのところ連日の猛暑日」

足の痛みを相談に専門の病院や治療院に行くも説明が理解できない

『そうだとして、私は如何したらいいの?』

暑い中相談に来られた

時間がゆっくりあるので、コーヒーを飲みながら話を伺いました

痛いところはざっと言って3ヵ所

A:3・4趾の付け根から趾の腹辺り

B:母趾球横に縦へ硬くなっている皮膚がある

c:母趾の内側横の下部に固いタコと痛みがある(痛みは歩くときにでる)

専門院、治療院で診てもらうと

A:モートン病ですが、痛くて我慢するのが辛ければ注射あります(足の専門病院

B:靴が悪いのでそうなりますから靴を変えたらいい(整形外科

C:歩き方が悪い、骨盤がずれているんですねぇ(整骨院

それぞれ同じ足を診て表現が異なり、だからどうすればよいか解らない

日常の生活を簡単にうかがうと、やはり足にかかる体重の負荷のバランスが狂っているようなので、足首関節の動きを改善してみた

『ああぁ なんだか変わった、圧迫痛が気にならないくらいまで変わった!』

これで良くなりそうな気がしますと言われたが、こんな事なんだろうか?

足が痛いといってみてもらうと診る人それぞれ診ているところが違うんだろうなぁ

それにしても、この度の相談では誰も具体的な原因と改善方法をアドバイスしないのはなぜ?