シェアする

片側だけのインソール

外科医が書いた本『足の痛みを自分で治した外科医の極意』を読んで、病院で原因不明の足の痛みはもしかして、ハイアーチではないだろうかと思い、足の痛いところ地図を印刷して痛みのある処、痛みのでる状況を沢山書き込んで相談に来られた

痛みは日によって変わりここが痛いと特定するのが難しく整形外科にゆくといろいろチェックするが原因不明で、インソールで治そうと、インソールを作成してくれたが、片方だけ

理由を尋ねると、痛みの出ない方の足には必要ないと・・・・・これで本当にいいのかと思ったそうです

しかし、作成されたインソールを使うと足のいろいろな場所に痛みが出るようになったが、インソール作成以降の検診ではこれと言ってチェックも治療もしてもらえない

足は、「偏平足」と診断されたが、どう考えても自分のアーチは高く感じ、外科医の書いた本を読んでもしかすると自分も同じ悩みなのかもしれないと思われて来店されたそうだ

扁平足と診断されたアーチ

椅子に座った状態のアーチ 座った状態で立ち上がった時のアーチ

この状態から見ても、扁平足と言われるほどアーチは壊れていないように見える

足の状態をチェックをしてみると母趾球に巧く体重が乗らず踵の動きが不安定の様だった

足のバランスを整えて踵の動きをスムーズにすると立ち易くなったようで来店時痛かった足首の痛み、足裏(第五中足骨周辺)の痛が激減した

この良くなったバランスでしばらく歩いていただいた

足に比較的バランスよく体重が乗り始めたせいで姿勢が来店時より大きく変わり良くなった

同席されたご家族もこの変化に驚かれた

「カラダって本当に不思議ですねぇ・・・・姿勢がこんなに良くなっています」

まだ筋肉の動きが固くぎこちない点も見えるが、この改善を維持すると痛みいのでない動きが維持できるようになるようで、これで改善を進めたいと言われた

良かったです

それにしても、痛みの出ない足にはインソールが要らないと・・・・片方にしかインソールを作らないのはどうなのかなぁ?

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします