シェアする

種子骨炎が生まれ易い足の動き

種子骨の痛みの原因を治す方法がないのかもしれないが、足の専門院では静養をしながらの経過観察が多いようだが、治療院などに行くと電気治療はあるが中には足の裏の種子骨周辺の筋肉をもみほぐすところもあると聞く

なかにはインソールの種子骨が当たる部分をくり抜いて痛むところが直接当たらないようにしているケースもあるようだ

先日相談に来られた方の話を伺うと接骨院で治療を受けて帰ると足裏が内出血をして痛みは酷くなっていると言われる

足を知っているところであれば、そんなことは決してしないだろうと思っていたが実際に写真を見せて頂いた

どうしてこうなっちゃったんだろうと驚いたが、まずは痛みが出る足の動きを確認した

種子骨は母趾球を形成する第一中足骨頭の付近にありそこに体重負荷が掛かり足の動きを支えている

この部位に必要以上に偏った負荷が掛かり続けると周辺筋肉の炎症が起きたり種子骨が割れたりする

足のバランスが狂うと踵の動きが悪くなり足首が内側にねじれ沈むために種子骨に過剰な負荷が掛かるようだ

実際に動きを診ると膝を曲げると右写真の母趾球近くに示す⇦の周辺を良く見ると種子骨にかかる負荷が良く解る

この動きを分解すると次のようになり理解しやすい

この動きは足裏、前足横アーチと膝の内側へ与える疲れも強くスタミナの消費が多く疲れやすくなる

改善スピードを速めるには、踵足首の動きを正常に戻すことから始めるのが一番

改善事例として紹介されている動画は下記を参照ください

痛みが消える種子骨痛 動画あり