シェアする

指導者にも足を知ってもらいたい

つま先立ちをするときに足の趾が伸びていないのでうまく踊れない、姿勢が悪いなどの指摘を受けるが、これを改善する方法は鍼灸で筋肉を柔らかくするとか整体でカラダのバランスを変えてもらうとか・・・・一生懸命練習を続けるなどハードなトレーニングを指導受かるが、それでも良くならない

是非、足が注目される競技を指導される方には是非とも足を学んでほしい

骨格が生み出す動きはトレーニングを重ねるだけでは望みの動きにはなりません

どんなにトレーニングをしても練習を繰り返しても立ち姿勢を改善治療を繰り返してもカラダが自然に作り出す動きは変わりません

しかし、この靴晩から生じる動きも足のバランスをよくすることでこれまで庇う様な筋肉の動きにより歪んだ動きが自然に改善されてスムーズな動きに変わります

特に、モートンフットの場合は、第一中足骨より第二中足骨が長く中足骨頭が床を押さえる時に第二中足骨に多くの力が乗り足もtがぐらぐらする

実際に来店時の足の状態は

バレエの指導者は、守備先が伸びていない事を指摘し、伸びるように立てるトレーニングを指導するが、どんなに頑張っても変わらない

しかし、足裏からふくらはぎまでの筋肉のバランスを整え、踵の動きをスムーズするように柔軟性を取り戻し、関節可動域を確認すると、趾先にこれまで程、力が掛からなくなった

この状態の足でしばらくたってみるととても立ち易く体全体が伸びたような感じになる

足もとからくるカラダの自然なバランスを簡単にトレーニングなどで治さないでまずは足もとからのバランスを整えて欲しい

骨格からくる足の動き 左をクリックしてご覧ください あまり話題に上らない骨格からくる足の動き

改善できるモートンフット 左をクリックしてご覧ください モートンフットについて詳しい情報があります

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします