シェアする

踵の痛み安静でだけではダメ

踵が痛くなって整形外科で診てもらったら「アキレス腱の滑液包炎」とで診断されたが、治療といえば『安静にして踵、アキレス腱に負荷を掛けないようにしてください』・・・・『安静』・・・・です (埼玉在住38歳男性)

2週間安静にして楽になったと思ったが、すこぉし歩くと痛みが出て立つのが辛い

主治医はこれで治らなかったらブロック注射をしてそれでだめなら手術・・・・・

こんな状態では仕事ができないのでなにか改善できる方法はないだろうかと相談に来られた

職場は、金属加工工場のラインで安全靴を履いて一日に12時間前後の立ち仕事

安全靴は外側から受ける力(荷重)から足を守ってくれるが履の中の足の動きは守ってくれないので、踵の痛みは体を動かすと痛みの強さが変化する

手術を受けると職場復帰まで時間がかかりそうで、注射だと痛みを止めるだけで治すわけではないようなので困っている

世間は「新型コロナウイルスに外出自粛中」のため、車での移動を選び来店された

痛みの出る状況を確認、踵の動きに変なバランスの狂いを診た

つま先部に体重を乗せながらカラダをささえながらの仕事のようでつま先裏側の筋肉が硬くなっていた

足首にうまく体重が乗らず踵に体重が不安定に小さく滑るようだった

緊張した筋肉のバランスを整えなおすと、足裏ー踵ーアキレス腱の筋肉の緊張がゆるみ足首が動き易くなった

バランスの整った足で安全靴を履いてみたら、足裏(つま先近く)の感覚が変わり楽になった・・・

『あっ、何か変わった!』

と感動されたが、踵の痛みが無くなっていることも忘れていたようで、「踵はどうなりました?」と質問するとびっくりしたような表情で『わっ・・すれていました、痛くないです』

これで、来週から仕事に出れそうです

それにしても安静では治らないなぁ・・・・・・このままだったら手術になっていたんだろうなぁ・・・・・

参考: アキレス腱の滑液包炎(MSDマニアル)を参照データーを頂きました

↑↑↑クリックして参照ください

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします