シェアする

母趾周辺の痛み 趾の痛み

毎日、毎日感染者数が100人超えているので、外出が出来ない

以前から気になっていたが病院では特に悪くはないし外反母趾と言えるほど母趾は曲がっていないので、暫く経過を診ましょうと言われて既に3ヶ月過ぎているが今の時期病院に行くのも不安で近くの整骨院で相談したらインソールを使って治しましょうと言われてインソールを使ってもらったが、しばらく歩くと足の趾(母趾)とその周辺が痛くなる

少し歩かないと健康に良くないと思って人のあまり出ていな時間帯を狙ってウォーキングを始めたがやはり痛くなる

いろいろ悩んでネットを探していたら『足の痛いところ地図』を見つけて痛みが「1」「2」「3」にある事が分り、相談してみようと思われたそうで、問い合わせが入った

相談の内容は、

『足の趾と趾の関節付近が痛くなって歩くのが辛い、寝ていて背伸びをすると足裏の筋肉が緊張しているのか引っ張られる痛みが出る、趾は「足の痛いところ地図」の1,2,3付近が痛くなるこれはなにか病気なんだろうか、医者は経過観察のままで、整骨院で足を診てもらいインソールを作ったが、痛い・・・・』

この様な内容だった

足もとのバランスが狂っているようで踵がおそらく傾き易い動きをしているようです

ブログの「種子骨炎が生まれ易い足の動き」を参考に紹介

痛みの出るタイミングをうかがったところ12分くらい歩くと痛みが出て辛くなるようで、足もとのバランスを改善することを提案した

店舗営業を休業しているために来店者がいないのでゆっくり対応出るので、いろいろ話が伺える

レターパックに下記を入れて明日郵送してもらうことで対処することにした

1.A4サイズの紙の上に足を置き足の周りをボールペンでなぞり足の形を紙に写す

2.母趾関節の位置をなぞった足の形の横に印付ける

3.痛みの出るインソールを準備

上記の3点をレターパックに入れて投函していただくと翌日には当方へ届く

製作コンセプトの異なるインソールの手直しはできないが、若干の微調整は出来そうなので受け取って可能な限りの調整をして暫く(外出自粛解除まで)使っていただき、解除されたら早い時期に来店いただくことになった

少しでも楽になって歩いてください

江戸川区では、毎日朝の9:00、お昼の12:00と午後の15:00に無線放送で『外出自粛」を呼び掛けている

アスケルは、現在も店舗営業を休み、電話やメールでのご相談をお受けしています