シェアする

多くの人の誤解を解きたい 整形外科医

2007年12月から江戸川区西葛西の足専門のお店で足のバランス改善・調整を主に皆さんのお悩み解消のお手伝いをしています

初めのころは病名すらわからない方、どこに行っても治らない方などさまざまな足に起因する悩みをお持ちの方々が相談に来られていました、そして現在、インソールはどこに行っても作ってくれる時代になりました

しかし、足、脚、膝、腰に違和感のある方の多くは『どうせ整形外科に行ってもレントゲンでチェックして湿布薬と痛み止めを処方して終わりだから行ってもどうしようもない』と言われる

ところが整形外科ではまず骨を調べ、筋肉の炎症もしらべ状況によっては血液検査、MRIで脳までも調べてくれる

その結果異常が見つからない場合は医療としての治療はないと結論がでる

そこで終わってしまうが、よく考えると可能な検査をすべて行って悪いところがない場合は患者の「カラダの使い方が悪いだけなので、医療的な治療をしなくても治るのである」

このような検査のできるところは整形外科、つまり病院だけである

勝手な思い込みで整骨院や整体に行って診てもらうのも良いが、すべて診てもらって悪いところが無ければ自分のカラダの使い方を治してもらえば改善できるであろう

こう考えると最近、当方へお越しの方々から頂く話から素敵な整形外科医の話を沢山頂く

港区の有名病院で診てもらうと股関節が悪くなっているので手術が必要と言われた

足の専門病院で相談したら軟骨がすり減って変形性になっていると言われた

足の専門外来の病院に行ったら足の痛みを訴えるも異常なしと言われた(糖尿病専門の足の病院)

レントゲンでもMRIでも問題ないですが気にな利用であれば脳神経外科紹介しますと言われた

問題は無いが痛いようだったら神経科を紹介すると言って紹介状を出してくれた

原因は不明だが問題はないはずあまり気になるようだったら心療内科を紹介する

まだまだ・・・・

しかし、本題は整形外科医が患者さんに

レントゲンの検査の結果を分かり易く丁寧に話をしてくれ優しく次のような説明をしてくれた

『関節は負荷のかかるバランスが変わることで痛みの出るケースがありバランスを整えて良くなったバランスを維持すれば痛みが出なくなることだってあります。つまりカラダの筋肉は全身に影響を与え合い関節の動きはカラダを守るために自然にバランスを維持してくれます。もとになるバランスが狂うと狂ってきますが、それはバランスの狂いで、病気ではありません』

このような事を説明され、最初に手術を考えるのではなくていろいろ試みてはどうでしょうか?

一旦手術をしたら決して元には戻せませんし、必ず手術で治るという保証はないのですよとはすばらしい説明と思いました

こんな素晴らしい整形外科の先生がおられるわけですからドクターとの出会いのチャンスが大切ですね

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします

#整形外科 #整形外科医 #分かり易い医者 #股関節専門医 #人工関節置換医