シェアする

外反母趾はなぜ悪くなるまで待たせる

外反母趾の痛みがあり整形外科で診てもらうと診断は『外反母趾』で治療は『外反母趾の角度がもう少し変わるまでは手術は出来ない』と言われ暫くは経過観察となった

言葉を変えれば、外反母趾の状態がもっとひどくなるまで待っていると手術ができるとの事だそうでどうも信用できなくて相談に来られた

手術できるまで悪くなるのをただ待つだけであれば死刑宣告を受けて執行時期が来るまでは飼い殺しのような胸の詰まった気持ちでいたので専門家に相談するとどこも理屈ばかり多くて話は心地よくない

来店されるまでには、「外反母趾に優しい靴」を勧められ履いているうちに痛みが強くなり母趾の付け根のみではなく腰まで痛くなってきた」

腰の痛みは日に日に辛くなり治療を探すがどこに行っても楽にならない

子供のころからの外反母趾で足のだるさや痛みは子供のころからでここ数年は腰の痛みもついてくるようになった

臨床勤務医としては何とかして良くしなければならないと思い相談に来店されたそうだ

「外反母趾に優しい靴とは自分の外反母趾に優しく痛み少なく外反母趾悪化進行を進めて行く靴としか思えない物であった」

それから凡そ一年経過しての来店で

『外反母趾ではない人はこんなに楽なんですか?』と驚かれる

子供の頃から外反母趾の痛みと一緒に成長してきていたので毎日まいにち生まれる痛みに耐えながら生活をしていたが、ちいさな小さな狂いの蓄積が手術を考えなければならない事に成って行くのだと思うととても怖い、これがバランスを整えるだけで薬も特別なトレーニングも無しで楽になるなんて同じ悩みをお持ちで聴く耳をお持ちの患者さんには何とか伝えたいと思います

自分の足の痛みはすっかりなくなり母趾に形も変わり始めているように見える

自分だけの感覚だが確かにアーチが1cm弱ほど高くなってきているので足は変わることを実感中です

と感想を話していただいたが、気持ちの良い評価も頂けた

『アスケルさんのコンセプトはシンプルで苦痛なトレーニングをしなくても良い。バランスが良ければカラダの持つ力が自然に本来のバランスを支えてくれる』気がするので改善のための苦痛が無く沢山学ばなければならない事がないので取り組み易いですと評価を頂きました

外反母趾の改善の方法は沢山ありその効果も個人で異なるために想像したようには進まない事もあるが、納得できる方法に取り組むと良いと思う

大切なことは「継続する事」です

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします