シェアする

アーチを作る筋肉を確認

余り多くの人は話さないみたいだが足のアーチを作る筋肉はバランスを良くすると力が出るようになるようだ

色々な人が異なった事を言うが本当のことが解らないと言われる

子供さんが、「どの靴を履いてもすぐに足が痛くなる」

「スポーツ用のスパイクは幅が細めに作られるようで足の幅に合わせれば靴が大きくなり余計に痛くなる」

このような事で、どこに靴屋に行っても合う靴を探すのが大変だが、先日相談に行った靴屋さんのシューフィッター(上級と言われていた気がする)が、なにをしているんですか、よくこんな状態で平気で靴を履かせますねぇとお叱りを受けた

『まさに治しようのない扁平足で、ここまでよく我慢をさせたもんだぁ、もう治らなくなる』

と小学低学年の親をこんな怖い言葉で叱咤する

叱咤するだけで取り組み方は何も教えてくれない

きつい言葉だけ投げかけてそのままにするなんて酷いものだと思いながらいろいろ探したが対応できそうなところもなくアスケルに相談に来られた

上級シューフィッターの話と不具合のある処などを伺いまず扁平足かどうか診ることにした

扁平足の状態を把握する方法に「Fice line」チェックがあるがそれで骨の位置を確認

骨の位置とは座った時に足の骨の位置を確認し、そのまま立った時の位置を確認してその変化を把握する

つまり体重負荷の無い時と体重負荷のある時では足のアーチを形成する骨の位置が変わることで、単純に見た目だけで「扁平足」と判断するより状態が理解し易い

まず上級シューフィッタのコメント通りに動く足かを確認してみたが、アドバイスは勘違いということで忘れることにした

深刻な扁平足ではないようです

足のアーチのバランスを整えるとアーチが少し高くなりお悩みのサッカーシューズも痛み無く履いて歩けた、このサッカーシューズにはサンプルのインソールで靴の中のスペースを確認しし痛み無く履けることが確認できた

来店時の状況とバランスの改善経過などを説明して原因は治しようのない扁平足ではない事が一緒に確認できた

実際に足を整えて立ち易くなった足のサポートインソールを作り靴に入れて試してみた

痛み無く快適というのでじっさいに外に出て走ってもらったところ走り易く足が軽くなった感じがすると言われた

足のアーチのバランスを良くすると同日に足の骨の動きが変わるのだがそれも行わず「治らない扁平足とは酷いいい方である」

資格や肩書では治せないが正しい知識と技術があれば治せると思う

『帰り際に実は医療従事者で上級シューフィッターのアドバイスではこれは医療機関では治せないと思い正しい知識を持っていそうなので思い切って来てみました』

お子さんの骨のバランスが変わったのをご覧になって深く納得されていました

足のアーチを持ち上げる力が出てきたら足の横幅が変わり履いて苦しかったスパイクがインソールを入れたままで楽に履けるようになった

あとは次回に来店された時に足の状況を見て、ストレッチをお教えします

未だ小学生なのでストレッチをすると言うのは難しいと思うのでそれでもできるストレッチを紹介します

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします