シェアする

なぜ子供の外反扁平足に取り組んでくれないのか?

20160208-102028.jpg

子供歩き方がなんだか変、少し歩くとすぐに疲れたという

運動も得意ではないようで室内で遊ぶことが多い

体躯の時間に踝し下側辺りに痛みが出る様になって整形外科に行ったところ、色々調べて骨や筋肉には異常は診られないので別段悪くはないが強いて言うなら 『外反扁平足』 と言われた

何とか方法はないかと改善のアドバイスを受けようとしたが、市販のインソールを使っていれば良くなるかも知れませんよ言われた

市販されているインソールではどれがよいのか見当が付かず、近くにあるインソール屋で相談してインソールを使い始めた

しかし、月日が経っても改善が見らず、最近では腰の痛みを訴えるようになった

このままではいけないと思い、中学校に入るのを機に専門家の作ったインソールを使わせてあげたいと思い相談に来られた

確かに、踵の動きが悪く距骨下関節の動きが狂っていた

距骨下関節の動きを狂わす固くなった筋肉の柔軟性を高めバランスをサポートするPADを付けてみると写真の左のように大きく外反する踵骨の動きが右の様に変わり立ちやすくなる

この足のバランスをサポートするインソールを作る事でこれまでバランスが悪く片足立ちが出来成った子が、ご家族も驚くほどバランス良くしかも長時間片足で立てる様になった

ちょっとした足関節の可動域の再確保と大切な筋肉の柔軟性を取り戻すことで簡単に改善がスタートできます

まだまだ悲しいことに足の痛みや疲れを訴えてもレントゲン、MRIの結果だけを見て特に異常なしと診断される

しかも診断が下るまでの間、殆ど実際の足の状態や動きを診ることが無いそうだ

にほんブログ村 病気ブログ 治療・治療師へ <– 1 クリックお願いします