シェアする

パーキンソン病の方のバランス改善支援

20160527-100716.jpg

軽度だがパーキンソン病と診断されて日々体を動かして筋肉の衰えるスピードを抑えているのだが、最近は体の捻れが目立ってきているので、足下を調えるともしかすると体の捻れも改善出来るのではないかと相談に来られた

トレーニングをするためにジム通いをしているがトレーナー達も体が捻れているように見えると指摘してくれるが筋トレだけではなかなか改善しない

パーキンソン病の症状は右側に顕著に表れていて疲れてくると長時間正座をした時の膝裏等に出てくる圧迫して痺れるような痛みが右腕や右脚に出てきて股関節周辺が圧迫された動かしづらい痛みが出てくる

これらを改善するには正しく(バランス良く)立てる様にして体重が偏った部位に掛からないようにすることで改善が出来るのではないかと思い相談に来られたそうで、早速姿勢をチェックした

立った姿勢を横から見ると踵に体重が乗らず右足が旨く使えないのか筋肉が固くなっていて姿勢が圧迫された様な形に見えてくる(写真上左側)

右脚の硬直した筋肉の柔軟性を確保すると踵に体重が乗るようになり、姿勢も踵に体重を受けて真っ直ぐに立てる様になった(写真上右側)

重心位置が変わると背中、肩周辺の筋肉の動きが変わり姿勢に大きな変化が現れた

後ろからの姿勢を見ると来店時の姿勢が写真下左側のようであったのが、写真下右の様に変わり立っている事が苦にならなくなった

まだ足の運びはスムーズには行かないが随分歩きやすくなった様で、体が滑るように前に動ける様になった

20160527-100701.jpg

この変化の結果どの様に楽になったかはご本人しか解らないが、表情も明るく成られ顔色も良くなられました

それよりなにより、足下のバランスを整えないとこれ以上良くならないと考えた結果を体感されとても満足そうな顔をされていました

これからも少しずつ自然な改善が続いて行きます

是非、頑張って下さい