踵の骨棘が痛い

cimg4855s

何もしていなくてもこの(踵)辺りがジンジンと痛い

立ち上がり体重が乗るとずきんと突き刺さるような痛みが出る

病院では、『踵骨棘』と診断を受け、無理をしないように安静にしていろと言われるが特に治療があるわけでもない

余り痛いと言うと、注射を打ってくれるがこの注射の痛さは半端なく痛い

担当医からは体重が踵に乗らないようにしろと言われるが、つま先で歩いても踵を上げているだけで痛い20150601emboss

レントゲンを見せてもらうとこの写真の踵の下側に見える先の尖った棘の様な物が筋肉など皮下組織を踏みつぶすようにささり痛みが出るようだ

この場合、大切な事は踵の動きを支える筋肉とその周辺で動きを助ける筋肉の支持力を取り戻す事が先決で、それによりこの棘の先端が深く刺さり混まないような環境を作る事である

踵骨棘の治療の厄介な所は、どうしても体重を踵で受けてしまいこの力が踵を沈めてしまうところにある

その場合、レントゲンでは2次元撮影なので棘の向き深さが解らないので、踵の動きを試行錯誤により探り出し棘の先端が鋭く刺さらないような状態をインソールで作って行く事である

痛みが出にくく成ると歩き易くなりそれによって自然に棘が無くなって行く

踵骨棘で改善が進まないとお悩みの方是非、アスケルにお越し下さい

シェアする

フォローする