足の一般知識

足の一般知識

人は一日に15000歩も歩くことがあります。

一生のうちには何億歩も歩くことになります。人はそれぞれのスタイルで一生を通じて歩きますが、歩行中の足の運動機能はいつも同じではありません.

靴の形、くせ、趣味、職業環境、身体的な特徴、身体の長所と短所などが我々の動き方に影響を及ぼします。

環境と身体的な特徴の他、成長とともに身につけたくせや慣れも様々なかたちで身体を形成し、身体に負担をかけます。
このため、早いうちから正しい動きを身につけることが大切です。スポーツも我々の身体に様々な負担をかけます。トップアスリートの場合、この負担は通常の何十倍にもなることがあります。

ヨーロッパの研究によると、人口の70%が下肢に起因するなんらかの不快感を持つといわれています。

その症状は足や身体の他の部分の痛みとして現れます。

足の役割は身体を支えることであり、これは柔らかく弾力性のある地面で最大の機能を発揮します。靴とコンクリートが発明されるまでは歩行は簡単でした。

足の回内・回外運動は歩いたり走ったりする時に、地面の形状に適応し、衝撃を吸収するためのもので、足に過度の負担をかけるものではありませんでした。

現在、我々は「ハイヒール」や「きつすぎる靴」を履き、硬く弾力性のない地面で立ったり、歩いたり走ったりします。

これは筋肉、腱、関節の負担になります。直立の状態で足に回内または回外の兆候がみられる場合、なんらかの足の症状がある、または近いうちに現れるとみてもよいでしょう。ジョギングのしすぎ、体重の増加、数年の年齢の増加なども症状の現れる原因となり得ます。

シェアする

フォローする