踵の痛み 改善方法

踵の痛み 改善方法

踵の痛みの治療は皆さんお悩みの様で、様々な治療院で治療を受けているが治りにくいようだ

病院では「湿布+痛み止め」「注射」「レーザー」「体外衝撃波」と異なった治療もあるがどれも時間がかかり効果がないので、ついいつでも施術をしてもらえる治療院にを利用される方が少なくない

残念ながらそのどれも足の動きを変える事をしない、痛みが出る前(快適に痛み歩いていたころ)無しの動きに戻せば痛みが出なくなるのだが、どうしても痛み止め注射や湿布になってしまうようだ

足の状態を確認して痛みのでる動きとその原因を見つけることが無くては改善でいませんので足もとから確認します

まずは事例として2010年から2019年の代表事例を下記のWEBのアドレスに紹介します

『踵骨棘痛の痛みが隠れる』 だらだらと長lくなりますが是非、左をクリックしてお読みください

また、改善事例に関するブログ記事はここをクリックしてご覧ください

同じお悩みが見つかるとご安心していただけると思います

とかく治らないものとあきらめるかけられる方も多いようですが、病院で特に治療がない場合は治療しなくても治る病気(病気ではなく症状)であることを暗に言われているものと理解してよいと思えます

大変参考になると思える記事があります

テレビでも有名な足の専門クリニックに掛かっている通っている方が、担当のアドバイスで来店された事例があります

それは、足の裏の治療に通って一通りの治療を受けインソールまで作って改善に努めたが良くならない、一生治らないのではなかと不安に思い担当医に相談したら

「医療保険は効かないが足のバランスを整えるところがあるが行かないか?」

と紹介され来店された方の事例があります

大切な事は、主治医である足の専門クリニックの医師が足の治療に足の筋肉のバランスを整えると治せるが、これは病院の保険医療ではできない治療方法があると理解いただけていることだ

この先生の病院の看護師さんい当方でインソールをお作りし、「超快適』とj評価をいあt抱いたことがあります

専門医の紹介で来店(足底腱膜炎) <– 左をクリックしてご覧ください

改善の方法は、足のバランスを確認してバランスよく立てるよいにすることで脚の裏の筋肉とそこから膝裏までつながる筋肉の動きが変わる

変わることで足の動きが変わり痛みは一時的に軽くなるがこれまで使われていなかった足の筋肉が体によって自然に使われるよ言うになるために人によっては数日後に筋肉痛が出る

これは改善が進んでいるあかしす、しっかりストレッチをしながら乗り越えましょう