足の専門病院という名の誤解

病院の専門科を確認して行かなければ自分の足は治らない

20分も歩くと足の裏が痺れていたくなり歩けなくなる
痛いところは、「足の痛いところ地図」のE,H,GとQでゆっくり休むと翌日朝は痛みが出ないことが多い

しかし、35歳でこんな状態では先が心配で世田谷の足専門病院に行ったが、ここで状態を理解してもらえず、レントゲンを見る限り異常は無いと診断

心配だから腰のMRI検査をしようとなったがスケジュールが調整出来ないままで2ヶ月が経過して来店

痛みの出る場所、出るタイミング、痛みの引く時などいろいろ伺って足のバランス診ると写真の白い矢印のような体重負荷の移動が見られる

この動きが、地図にあるEHGQに痛みを生み出すようだ

この動きを作らない足のバランスに変えてみるとバランスが大きく改善され片足でも安定した立ち方が出来る様になった

それにしても。「足専門病院」とだけでは一般患者には理解しにくいが、最近世田谷区に出来た足病学に基づく日本で初めての総合的な足専門病院と言われると、ここなら良くなるだろうと勘違いしてします

しかし,良く調べて見るとここは「糖尿病の足の病気が専門」だそうだ、これでは期待してるっような治療は無いだろうなぁ・・・・

相談に行く病院は「足の専門」という名前だけではなく診療科目も確認した方が良さそうだ

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村<<==== 1クリックお願いします