シェアする

浮趾は立った時だけ? 歩く時は?

先日のテレビ番組で足の趾の大切さを紹介されていた、浮趾に起因する体の不定愁訴(はっきりした理由や原因が分からないが、頭が重い,肩が凝る,腰が痛い,膝が痛いいらいらするというような訴え)の話が紹介されていた

しかし、立っただけで足の趾が浮いているという紹介はあったが、その人が立ったり、階段の昇降をしたり歩くとどんなになるかはあまり触れられていない

日常生活を考えると立つだけではないので動きも診る必要を感じる

下記紹介の動画は、立っているときには浮趾の判定では全く問題がなかったが片足で立つと趾が浮く動きがはっきりわかる

これは、足の甲の固く成った筋肉などをマッサージしてもなか変わらないが・・・・

足首関節にのる体荷重のバランス整えると足の動きが自然に変わる

これで足裏真ん中から膝までの筋肉のストレッチをすることで足もとのバランスが大きく改善される

足の状態は細かなところばかりに目を向けるのではなく全体のバランスの狂いを見つけバランスを整えなおすことから始めると効果的な改善が可能になると思われる