シェアする

モートン病が治らない 動画

外出自粛期間中に何とか足の痛みを治そうと思いインソールで改善を始めた

『2週間ぐらいすると足が慣れて楽になります』と、言われて我慢をしていたがもうとっくに2週間は経過しているが未だに痛くて歩くのが辛い

専門のところで作ったが、インソールで本当に改善できるのかと相談の電話が入った

電話では足のバランスが分からないので、作成の経過を記憶にたどりながら説明を頂いた

それで、できたインソールを履いた瞬間の感じも話していただいたが、インソールを靴に入れて歩いても痛みは無くなりはしていないと言われる

インソールの作り方は製作者によて異なるし、素材によっても作り方が異なる説明をしたが

現在使われているインソールは踵からアーチを支えるあたりが硬めのもので製作者(先生:おそらく専門職の人のようだ)からは、『2週間ぐらいは我慢していると慣れる』と言われたそうだ

どうも専門職の方のインソールに関する技術的なコンセプトがアスケルとは違うようだった

昨年のブログにもインソールに不可欠な機能として紹介してある

インソールの作成方法は様々のようだが大切な事がある

1.痛みの出る足の動きを整えてバランスよく立てる足に調整する

2.調整できた足の型を短時間で作成(調整した足が変わらないうちに)する

3.足のバランスを狂わせないよう足のバランスを支える大切な部品を作りつける

足の状態は個々に異なるが足に必要な機能は明白である

その足の崩れを防ぐためのツールがインソールには不可欠である

実際に昨年体験していただいた動画を紹介する

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします