シェアする

見直そう足の動きと靴のサイズ

どこも悪いところはないがいつも靴が合わないし、靴の悪化との外側が際立ってすり減る

扁平足が原因かもしれないが足の幅が広く実際の足より大きい靴を勧められる

これって変わりますかねぇ

と、相談に来られた

実際に足のサイズを測ってみた

足と靴のサイズを測ってみた
幅広に足なので大きめの靴を履かなぇれば足が痛いので、少し大きめの靴を履いていると言われるので実際に足を測ってみた
足の実際の長さは(靴下を履いて立った時のサイズ)、25.5cm
今はいているのは靴の中敷き(靴に始めからついている中敷き)に踵を合わせて立って測ると、中敷きは28.5cm

実際の足の長さとの差はこんな感じ
靴の中敷きに踵を合わせて立つと中敷きのまだ狭い辺りに足の幅の広い処がくる

これでは足は痛くて歩きにくい

靴の中敷きの一番広い処につま先を合わせて立つとこのようななる
幅の広い処に足を合わせると踵側に大きく隙間ができる  この空間が靴の中で生じる

これでは足がうまく支えられず歩きにくく足が疲れ易くなる

足はこのサイズの中を歩く時に滑る

簡単に変わるポイント 快適な足に変える
来店時の状態を診るとアーチは低く足は内側に沈む

これによって足の長さ(踵から指先まで)は少し長くなり足の幅が少し広くなる

足の筋肉バランスを整えると足の内側に沈む動きが少なくなりアーチが少し引き上げられている

微妙な変化があるがこれでも十分足のサイズに変化が現れて来て、靴にあたる痛みが出る動きが変わる

体験者のみ分かる微妙な変化

足のバランスの狂いから本来の自分の足より長くなったり横幅が広くなって開帳足と呼ばれる状態になるが、足のバランスを整えると足は変わります

『足のバランスが整うと本来自分の持っているサイズに足は戻ってきます』