シェアする

フィンランド式フットセラピー 動画

フィンランドで生まれたフットセラピー

誕生の背景は、

1982年 にMini-Suomi (Mini Finland) の名称をもってフィンランドで研究され、1990年に The Biomechanics of foot ankle で紹介された研究結果では、人口の70%に足に起因する不快感がみられるとされています。症状は足の痛みだけでなく、体の他の部分にも痛みとしても現れます。多くの人はそのまま放置するか、心地悪さの中で上手く生活することを学んでしまい、この不快さが苦痛や仕事の妨げになって始めて医師にかかるのが現状です。

この人口の大多数を占める人達の抱える不快感や痛みを和らげ、より質の高い生活を楽しんでいただけるための製品を開発し、原因を探し出し改善をする方法を見つけ出して名称を『フィンランド式フットセラピー』と命名しました。

アスケル東京が提供するフィンソール・ケアシステムは医学専門家(医師、理学療法士)や整体師、カイロプラクターなどの専門技術を持つ専門家の方々にこのような足に関する問題を効果的に解決するツールとして利用していただけます。

フットセラピーによって改善された足は一般的には20分程度経過すると元に戻り始めます

これは整体や整骨院などでカラダを解してもらっても、その直後は快適ではあるが帰る途中辺りからカラダは戻り始め翌日には元の状態に戻っています

これは沢山の方が経験されている事だと思います

その原因は足もとに有り足もとんの狂ったバランスで歩くと次第に元に戻ってゆきます

フィンランド式フットセラピーでバランスが整った足を狂った状態に戻さないようにするために整った足を元に崩れ防止に必要な機能を作り込んだインソールを作成して足もとからの改善を提案しています

まずは、フットセラピーを受けにお越しになりませんか?

フットセラピー

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします