シェアする

有痛性外脛骨の手術をしても新たな痛みが・・・・

20160131-192616.jpg

有痛性外脛骨の痛みに悩まされ病院で診てもらうと運動をするなら手術しか方法がないような話を聞き、悩んだ末に手術を受ける事にした

手術は上手くいったが、その後のリはビリに関する指導が無く後は歩いている内に治るような話しかなかった

しかし、その後何ヶ月経過しても良くなった感じがしなく悩んでいた

右足の方は問題が無くなったが左足が痛くて運動が出来ない状態が続き、遠路相談に来られた

足の状態を見せてもらうと手術の後は写真の赤い丸で囲まれているように比較的綺麗になっており跡もかすかに残っている程度で有った

しかし、痛みの出るところは、外脛骨の有ったところだけではなく、足の内側から甲にかけて広がるような痛さが出ているそうで、この痛さは病院の執刀医、主治医でも原因が分からず、接骨院でも原因が不明で電気を当てるしか治療が無いそうであった

痛みの出るところは、

20160131-192549.jpg

20160131-192524.jpg

上記絵のブルーの四角で囲まれている中の特に内側楔状骨周辺に強い痛み舟状骨周辺に鈍い痛みが有るようだった

これは手術では、痛みを誘う「外脛骨」は取り除く事は出来たが外脛骨の周辺に痛みを作る狂った足の動きはこの手術では治せないために、狂った動きだけを残したまま手術を終える事になったのであろう

この狂った動きは楔状骨周辺や中足骨、舟状骨に捻れの大きなストレスをかけるために関節周辺の筋肉に痛みを誘い出すようである

狂った動きを改善出来るように足のバランスを整える事でこの痛みが出難く成った

この整った足のバランスを維持できるインソールで過ごす事でこれまで通り運動も出来るようになったようだ

『手術では痛みの直接原因である外脛骨は取り除き痛みが出なくなるが、足の狂った動きは手術では改善出来ないために新たな痛みが生じる!』