シェアする

パンプスと踵骨棘・足底腱膜炎

パンプと足底腱膜炎

レントゲンデーターのDVDを整形外科から入手して相談に来られた

「踵の痛み(足底腱膜炎)」との事だったがレントゲンのデーターを見ると『踵骨棘』がくっきり写っている

これでは鎮痛剤では効き目がないだろう

いろいろ治療を受けられたようですが、まずは痛みが出る足の動きを出ない動きに変えてみると痛みが弱くなり、改善できそうな感覚がつかめて安心されたようであった

この足の動きであれば比較的短い期間で良くなると思えるので、バランス矯正をして変わった足の状態をコピーしてインソールにした

暫くすると痛みが軽くなってきて歩くのが楽になった
そこで痛みが出なくなったらパンプスを履きたいと、パンプス用のインソールを作れるか経過報告を兼ねて相談に来られた(改善開始して2週間後)

まだ少し痛みの残っている疲れた筋肉のバランスを整えなおすと痛みが出なくなって椅子から立ち上がる時に手すりも杖も使わないで立てるようになった

踵が使えるようになると足もとが安定して痛みが出ないために足の体重をかけやすく立ち易くなるので、杖で支えながら踵に掛かる負荷を心配しなくて自然に立てるようになる

この足で実際にインソールの調整してパンプスに入れてみたら問題なく履けた

踵にしっかり体重が掛けれるようになり立つのがとても楽になり骨盤の安定して真っ直ぐに立てるようになった

どこに行っても改善が進まずダメなのかもしれないと思っていたが 『あきらめなくてよかった!』と喜んでいただけた

踵骨棘とパンプス

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします