シェアする

種子骨の痛みがでる動き 動画

足の治療を受けリハビリ中に踵をあげて筋力をつけるトレーニングを行っているうちに種子骨周辺が痛くなった

鍼灸院に通ったが変らない

少しまだ腫れていると相談に来られた

話を伺い足もとのバランスを確認したところ

骨格からくる動きは「モートン足」の動きで体重を乗せ種子骨を圧迫しながら滑っていることが解った

実際に足の3つのアーチのバランスを確認して整えなおすと種子骨に来る圧迫痛が隠れた

カーフレイズを頑張れば脚が良くなうと言う悲しいカン違いの療法士を信じすぎて頑張れば頑張るだけ悪くなる「悲のスパイラルに陥った」

しかし、この骨格も足のバランスが整うと痛みの出ない足の動きに変わる

種子骨の痛みの原因

補足:モートンフット

我が国では余り知られていないようで、話題にもならない名称に、「モートン足(モートンフット)」と呼ばれる足の骨の形が有ります。

これは、1939年 “Dudley J. Morton” が、著書「Oh, Doctor! My Feet!」で、第1指中足骨の接地が十分でないと、第2指中足骨に2倍の荷重負荷がかり、足が回内し、足首の内側の筋肉に不自然な圧迫がかかり、モートンフットのアスリートは普通の足に比べ第二中足骨の疲労骨折が多いとも報告されています。

この学会発表以来、欧米の足病医や理学療法士の間では常識となっています。

モートンフットは、生まれながらにして持てる足の形で、病気や疾病では有りません。しかし、この骨格構造を持つ足は、第二中足骨が疲労骨折しやすく、足が回内し易いために、膝痛や腰痛に成る可能性の高い人と言えます。

この中足骨の安定感不具合(アンバランス)でカーフレイズなどの前足に体重負荷を掛けてのトレーニングは種子骨を傷めやすすと言われています

にほんブログ村 健康ブログ フットケアへ
にほんブログ村 <<- 左をクリックお願いします